PC初心者でも1から学ぼう

エンジニアの基礎知識を徹底解説

未分類

【エンジニアの基礎】2進数を徹底解説!!コンピュータの基礎を理解する

2進数って何でしょうか。

エンジニアの方やコンピュータをいじっている方であれば

基本すぎてわかっているよという方も多いと思います。

実際にコンピュータは2進数を理解して動いています。
【エンジニア基礎】知っておきたい基礎知識

でも、「意外と理解していない」、「計算が難しい」、「初めて聞いた」、

「なんか聞いた事がある」、「なんか難しそう」と思っている方が意外と多いと思います。

そういう方のために、分かりやすく解説して行きます。

2進数の前にまず始めに10進数から

 

2進数を理解する前にまずは、10進数から理解していきましょう。

とはいっても10進数は、日ごろ皆さんが使っている慣れている数です。

「えっどういうこと?」と思われる方も多いと思いますが、

10進数とは0~9までの10で桁上がりする数え方を指します。

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9
桁上がりして
10,11,12,13,14,15,16,17,18,19

ここで何か気づく事はありませんか??

そうです。○進数とは、○で桁上がりをする数を指しているんです!!

つ・ま・り、、2進数とは、2で桁上がりする数を指します。

2進数で数えてみよう!!

2進数は、2桁で桁上がりする数を指すと言いました。

つまり・・・こんな感じになります。

0,1
10,11
100,101,111
1000,1001,1010,1011,1100,1101,1111

ん~ぴんと来ないという方に、10進数から2進数への変換をしていきましょう。

まずは、10進数の1は2進数ではどのように表すのでしょうか?

正解は「1」です。

簡単ですね。ではちょっと難しい問題。

10進数の2は、2進数でどのように表すのでしょうか?
(2進数は2で桁上がりをするので・・・・)

正解は「10」です。これは、十ではありませんよ・・・

しつこいようですが、2進数は2で桁上がりをするので、
0←0
1←1
10←2
11←3
100←4
となるのです。

次に10進数から2進数への変換の方法を勉強していきましょう。

10進数と2進数の変換の方法

2進数から10進数の変換を実際にやってみよう

まずは、2進数から10進数へ変換していきます。

具体的に2進数の「11011101」を10進数に変換しましょう

1.2進数の各桁を10進数にする。

実は、2進数の各桁は10進数にすると「2のn-1乗 * 各桁の数値」になります。

ちょっと難しい書き方なので、実際にやってみましょう。

各桁を10進数に変換しただけなので、後は足していけばいいだけです。

ちなみに、10進数も上の考え方で成り立っています。

やり方は分かりましたでしょうか?

基本情報処理試験等を受ける方は、あとは訓練だけです!!

10進数から2進数への変換を実際にやってみよう

では、10進数から2進数へ変換していきましょう。

10進数から2進数へ変換するには、

「10進数を2進数で繰り返し割り、その余りを順に並べていくだけです。」

-未分類

Copyright© エンジニアの基礎知識を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.