PC初心者でも1から学ぼう

エンジニアの基礎知識を徹底解説

未分類

【エンジニア基礎】データベースって分かりづらい?初心者でもわかるDB

データベースとは何でしょうか。
データベースと調べてみると、
表、SQL,DBMS、リレーショナル・データベースなど
という言葉が出てくると思います。

実際データベースは聞いたことはあるけど
イメージがわかないな~
と思っている方も多いと思います。

そこで今回は、データベースの概要を
説明していきたいと思います。

データベースとは

データベース(Database)とは、データ(data)の基地(base)という意味です。

例えば、会社の一人ひとりの名前、所属部署、階級等や
社内皆が使う資料(定期券の申請の仕方とか)が
社内に色々な部署に保管されている状態を想像してみてください。

その場合、データの更新や検索に非常に時間がかかってすごく面倒くさいですよね。
(それだけで、2日位かかってしまいそうです。)
そのため、これら社内のデータを一か所の基地に集めて整理しておけば、
必要に応じて必要な物を簡単に取り出す事ができますよね。
このデータが整理されて保管されているものがデータベースです。

名刺などを一つのファイルで管理していることもデータベースと呼べます。(意外ですよね)
しかし、大量のデータを整理するには、手作業で管理するのは非常に大変になります。
そこで、データベースの管理にコンピュータを利用すると
非常に効率的に管理することができるようになります。

コンピュータ内に大量のデータを蓄積して利用しやすいように整理するには、
データの格納形式を工夫する必要があります。

この格納形式で大規模のデータに適した形式が「リレーショナル・データベース」(RDB:Relational database)と呼ばれます。

リレーショナル・データベースは、データを複数のテーブル(表)に分けて整理し、
表と表をリレーションシップ(関係)で結びます。

テーブルは、表という意味です。
これは、Excelをイメージしていただくとわかりやすいです。
1つのテーブルは、複数の列と行から構成されます。
列をフィールド、行をレコードと呼びます。

DBMS、データ・ファイルとは


データベースには、それを利用するためのアプリケーションが存在します。
これをDBMS(Database Management System、データベース管理システム)と呼びます。
DBMSには、Oracle、MySQL、SQL Server、Microsoft Access、HiRDB等があります。

また、これらをデータベースエンジンと呼ぶことがあります。
エンジンとは、特定の機能に特化したプログラムの事を指します。
特定のデータ・ファイルを読み書きする機能だけを持っているので、
データベースエンジンと呼ばれます。

ここで、データベースの実体は、データ・ファイルです。
データベースが作成されるとファイルも作成されるのです。
ファイルとは、wordファイル(.docx)や
excelファイル(.xlsx)やテキストファイル(.txt)と同様です。

データベースはファイルを意識することがないので、
私はファイルが作られそこにデータが書き込まれているということを
知ったときに非常に驚いたのを覚えています。

データ・ファイルに書き込みを行う時は、
DBMSを仲介して間接的に書き込みます。
DBMSは、データ・ファイルを読み書きできるようにし、
データを矛盾なく安全に保つ機能を持っています。

データベース・システムの構成要素は、
「アプリケーション」、「DBMS」、「データ・ファイル」
から構成されています。


では、実際のシステムでは、どのようにデータベースは使われているのでしょうか。
小規模なシステムでは、1台のPC上にアプリケーション、DBMS、データ・ファイル
がすべて配置されます。
これを「スタンド・アローン型」と呼びます。

中規模なシステムでは、1代のPCにデータ・ファイルを配置し、
それをDBMSとアプリケーションが配置された複数台のPCから共有します。
これを「ファイル共有型」と呼びます。

大規模なシステムは、1台または複数台のPCにデータ・ファイル、
DBMSを設置し、それをアプリケーションが配置された複数台のPCから利用します。
これを「クライアント/サーバー型」と呼びます。
データ・ファイルとDBMSが配置されたPCがサーバー(サービス提供物)で、
アプリケーションが配置されたPCがクライアント(サービス利用者)です。

-未分類

Copyright© エンジニアの基礎知識を徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.